募集中の女医コン


なぜ女医コン?

主催者の薬師寺は複数の医療機関で働く循環器内科医です。僕は日常診療で患者さんと接する際に家族構成をまず聞きます。生活環境を知ることは生活習慣病コントロールに有用だからです。そして何度か拝見するうちに家族の話題にもなってくるわけですが、時に電子カルテを入力している間に息子の動画をスマホで見せたりします。刺激を受けた患者さんは孫の写真を自分のガラケーから引っ張り出してきて息子vs孫の自慢合戦をします。子供・孫自慢はお互いに楽しいものです。

ところが今、お孫さんが居ない高齢者が非常に多いのです。数年前に横浜の病院において75歳以上の内科受診患者にお孫さんの数を聞き、集計してみました。20人の患者さんから、なんと37人の孫しか生まれていないことがわかりました。おおよそ2世代かけて人口は半分になっている計算です。

さらには結婚しない息子を抱えている家庭も少なくありません。家族3人暮らしで80歳半ばの両親、一人息子はもう60歳。。。息子さんは自分が病気になる時はほぼ確実に独居です。

こんな世の中で良いのでしょうか?僕は放っておけません。

さて、このような背景で下のようなデータをご覧ください。 http://tmaita77.blogspot.jp/2014/02/blog-post_9.html
同じ医師でも男性の生涯未婚率は約3%、対する女性医師の生涯未婚率は36%!実際に独身女性の医師は病院クリニック問わず、大変多く見かけます。

彼女らも忙しい診療の合間に婚活も頑張っているとは思うのですが、長時間労働者の最たるものが医師ですから、限られた時間の中でいい人を見つけるのは容易ではありません。女性歯科医、女性薬剤師にも同様の傾向を認めます。

このような文脈で日本の未来に貢献出来る取り組みとして、僕の持てるネットワークを活用して、2014年より「女医コン」を始めました。

現在のところ女性サイド、男性サイド共に好評を得ています。開設当初より毎年回数を増やし2018年は国内年間60回以上の女医コンを開催する計画です。努力の甲斐あってか、最近では2ヶ月に一回、喜びの報告(入籍または婚約)が舞い込んでいます。これからもネットワークを広げ、全国で開催を進めていきます。そしてより多くの男女に幸せな家庭を築いてもらえたらと思っています。

そのためには皆様からのご協力が不可欠です。女医コンに賛同される方、参加してみたい人からのご連絡をお待ちしております。宜しくお願い致します!

女医コン開催履歴マップ